« '06/7: 日本製 5 NO.J38(SNKC51J1) | トップページ | '06/7: ブラックサムライSS(SNM011K1) »

2007年2月24日 (土)

'06/7: スクリュウバック用裏蓋開けいじり工具セットを

使って、以前お買い上げいただいたファイブ達の中身の入れ替えを敢行された、香川のAさんからです!上手く行って良かったです!

事前のお問い合せで今回一緒にお買い上げいただくNO.J40(SNKC55J1)と以前お買い上げいただいたNO.6との「ガチャもん三昧を予定しております!」と連絡をいただきまして、私のアドバイスは...

 了解いたしました!ありがとうございます。
 一応、出荷前の検品の際、NO.6ではありませんが、同年代設計の5と中身を入れ替えてみましたが、何ら問題ありませんでしたので、たぶんバッチリ入れ替えできるかと思います。


 で、そのやり方は、まずはリューズをHPの文字盤の入れ替えをご参考に抜いて下さい、中身はリューズでしか留まってませんので、普通はそれだけで上に抜けます。
 が、最近の物は設計精度か、工作精度が上がってきているのか??結構キッチリ入っていて、ピンセットでつまんで引き上げても上に抜けないことがありますので、その場合はリューズを抜いた所が「ひさし」のようになっていますので、そこにピンセットの先を引っかけて、時計のケース側をテコの支点にしてピンセットを下にこじりますと(ピンセットはほぼ水平状態です)、中身がむくむくと上がってきます。
 これをピンセットでつまんで上に引き上げると抜けると思います。


 <到着→作業後>A_san
さてさてセイコー5、念願の中身入れ替え出来ました。クライマックスはリューズ抜き作業。押すのか引くのか…緊張と焦りで指先がしびれます。藤本さんの丁寧な解説を落ち着いて読みなおすとすんなり成功。多謝感激でございます。
(+)とか(-)と刻印されたとこが気になりました。アレをひねると進んだり遅れたりの調整が出来るのですねきっと。
以上取り急ぎ報告でしたっ

| |

« '06/7: 日本製 5 NO.J38(SNKC51J1) | トップページ | '06/7: ブラックサムライSS(SNM011K1) »

SEIKO 5 レギュラー(日本製を含む)」カテゴリの記事

時計工具(ワインダーを含む)」カテゴリの記事

質問(Q&A以外の有益な)」カテゴリの記事

カスタム(改造)モデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: '06/7: スクリュウバック用裏蓋開けいじり工具セットを:

« '06/7: 日本製 5 NO.J38(SNKC51J1) | トップページ | '06/7: ブラックサムライSS(SNM011K1) »