« '06/12: 5ポセイドン(SNK099K)を | トップページ | '06/12: 5スポーツ(SNZB99J1)とウレタンベルトを »

2007年3月 6日 (火)

'06/12: Laco シリーズ1Ref.861064(ユニタス手巻き)を

お買い上げいただいた、東京のAさんからです!ありがとうございます。

861064back 本日無事受け取りました。ありがとうございました。
やっぱり、格好いいですね。一生付き合っていきたいと思います。
SSベルトはバックル部分のバネ棒をひとつ大きめに移動させたらぴったりでした。
最後にこの手巻きタイプは、一日に時間を決めて一回まわすとか、決して秒針を止めないほうがいいとか、なにか上手に扱う方法等などあれば、教えてください。宜しく御願いいたします。

 <店長から>
 そうですね、お考えの通り、手巻きするタイミングはいつも決まった同じくらいの時間帯にするのが良いと言われています。その方が機械が安定するようです。また、一杯まで巻いてから竜頭を一回転反対に廻しておく方が、ゼンマイの引っかかり防止に良いようです。
 それから、止めない方が良いかどうかについてですが、これは早い目の定期点検(OH/オーバーホール)を受ける限りに於いては、問題がありませんが、自動車のエンジンとかと同じで、時計も動いている限りは、そのそれぞれのパーツは常にオイルを媒介して接触(摩擦)していますので、オイルの劣化や油切れには注意が必要です。これを忘れて使い続けていますと、パーツの偏摩耗とかが起き、修理に手間とお金が掛かってしまいます。
 機械式時計を毎日動かすと、確かに次にする際には日付調整等しなくて便利で良いのですが、この毎日動かしていることに関しては諸説色々ありまして・・・、私は考えるに、「ず~と動かしている方が良い!」というのは、それこそ、3・4年毎にしっかりOH等のメインテナンスできる裕福な方のみに当てはまるだけで、一般的には、機械は動かしている方がなるほど調子は良いのですが、その間もやっぱり各部の磨耗は僅かずつでも進んでいますので、(1年以上同じ姿勢で止めておくのは良くないですが)できることなら、程々(2週間~数ヶ月おきに、1~2週間続けて使う等)に動かしてやるのが、OHまで長持ちもするし、一番良い方法ではないかと考えています。
 ですから、時計が2つ以上あるようでしたら、できれば2~3週間おきに使うようにして、時々休めて上げた方が良いと思いますね。

| |

« '06/12: 5ポセイドン(SNK099K)を | トップページ | '06/12: 5スポーツ(SNZB99J1)とウレタンベルトを »

Tutima/Sinn/FORTIS/Laco等のミリタリー系」カテゴリの記事