« 2月: ブラックサムライSS(SNM011K1)を | トップページ | 2月: ホワイトナイトの精度調整その後、続報です »

2007年3月17日 (土)

2月: ホワイトナイトの精度調整その後です

何でも自分でやられる、ito932さんからです!今回も工具を自作してしまわれました!凄い!(*_*;

Heraopener ついに、禁断の世界に踏み込んでしまいました!
近所のDIYの店では、時計の裏蓋を開ける工具がなかったので、仕方ないので自作しました。
写真の皮裁ち用へらにねじを使って作りました。

緩急芯レバーの調整ははっきり言って難しいですね。
最初は間違えて+に動かしてしまい、60分で+2秒になってしまいました。
もともと、一日で+20秒強ですから、60分で+1秒位ですね。

何度もプラスとマイナスを行ったり来たりして、ようやくいい感じになりそうです。

どうも、腕につけているときは早く動作し、静かにしていると遅く動くような気がします。
理想は、置いておくと少し遅れ、つけていると少し進む位でしょうか?
いま、この状態になっている(つもり)です。
調整初めて4日目なので・・・

Jisakuhojiki 裏蓋の締め付けですが、保持機がないと力が入りませんね。
最初に緩める前にマジックでしまっている位置に目印をつけておきましたが、あと5mmがしまりません。

そこで本日保持機を作成してみました。
試しにコレで固定して締めると・・・・ばっちりもとの位置まで締まりましたよ!
では、調整の結果は数日後にレポートします。

| |

« 2月: ブラックサムライSS(SNM011K1)を | トップページ | 2月: ホワイトナイトの精度調整その後、続報です »

質問(Q&A以外の有益な)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月: ホワイトナイトの精度調整その後です:

« 2月: ブラックサムライSS(SNM011K1)を | トップページ | 2月: ホワイトナイトの精度調整その後、続報です »