« レギュラー 5 NO.34(SNX997K)とNO.78(SNK369K1)を | トップページ | ダイバーズのブレット用SSベルトを »

2008年1月26日 (土)

手作りのメインテナンス工具!

先日レギュラー5のカスタムモデルをご紹介した東京のNさんから、「ブログネタに!」(笑)と、ご自身で工夫して作られた各工具のご紹介をいただきました!どれも凄すぎです!
以下はご本人の文章です。

本日は暇があったので、趣味の時計いぢりの道具を紹介します。
 ブログのネタにでもいかがでしょう?(笑)
万能台 スリットの幅は3mm 5mm 7mmと3タイプの幅が使えます。
Bandai1 Bandai2 Bandai4 Bandai4_2   

オープナーは 1.6mmの鉄板を切って作っちゃいました。29.5mmはレギュラー 30mmはスーペリア用です。
駒はずしポンチは 使えなくなった0.8mmのドライバーを削って作りました。
Ca0i3acm_2

 
普通に売っているバネ棒はずしでは大きすぎて ファイブのバネ棒ははずせません。
 そこで、1.8mmのマイナスドライバーを削って作りました。幅は1.5mmです。
Bane1 Bane2

 
秒針、長針、短針の針をはずす剣抜きです。上から摘むタイプですと、1本だけ外すのが難しいく、文字盤にも傷がつきやすいので、作っちゃいました。
 太さ1mm長さ60mmの皮用の裁縫針を2本、これを真鍮のパイプに差し込んで、先端を薄く鏡面研磨したものです。
Kennuki_2 Kennuki2 Kennuki3 Kennuki4 

メガネの上からつけられるルーペ、時計用の傷見ですと、片目で疲れますし、メガネの上から付けられるのは殆ど売っていませんね。近眼の上に老眼も大分進行していますので、これは手放せません(笑)。若い時だったら全く不要だったんですが、歳は取りたくないですね。
 それから、緩急調整用のストップウォッチです。通常の1/100秒ですが、30ラップも測れるため便利です。
 なお、これはクォーツですが、改造し緩急調整をしてあり、月差±3秒で調整してあります。
 クォーツの緩急調整は、進ませるのは難しいですが、遅らせる為には、クリスタルの足にコンデンサーを接続させることで、遅らせることが出来ます。 超高級なクォーツ時計には緩急調整のトリマーコンデンサーがありましたが、最近のクォーツにはみあたりません。それだけ水晶が安定してきたのと、そこまで調整しても意味が無いということでしょう。
Megane Stop

| |

« レギュラー 5 NO.34(SNX997K)とNO.78(SNK369K1)を | トップページ | ダイバーズのブレット用SSベルトを »

時計工具(ワインダーを含む)」カテゴリの記事

カスタム(改造)モデル」カテゴリの記事

コメント

わざわざご丁寧にありがとうございます。
すっかり返信するのを忘れておりました...(汗)
今回はお役に立てませんでしたが、懲りずにまたお越しくださいませ。

投稿: 店長 | 2016年3月11日 (金) 22時22分

素早い返信ありがとうございます。
謙虚な返信から信頼できるひととなりを感じさせます。
ありがとうございます。

投稿: | 2016年3月 9日 (水) 23時32分

コメントありがとうございます。
ただ、私は電子系には疎いので、何のことかさっぱり分かりません...(汗)
この記事はお客様からいただいた物の転載ですので、お役に立てずに申し訳ありません。

投稿: 店長 | 2016年3月 9日 (水) 19時34分

クリスタルの足にコンデンサーを接続させることで、遅らせることが・・・・・・

どのように接続するのですか?

投稿: | 2016年3月 9日 (水) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レギュラー 5 NO.34(SNX997K)とNO.78(SNK369K1)を | トップページ | ダイバーズのブレット用SSベルトを »