« そう言えばそのダイバーズのSRP043K1、今月追加入荷します! | トップページ | ダイバーズの通称ブラックモンスター(SKX779K) »

2009年11月21日 (土)

ワールドタイマー付きの新型スーペリア(SRP039K1)

毎回ご利用いただくたびに、素晴らしいインプレッションをいただく、東京のDさんからです!今回はここで新入荷のお知らせをするや否や、速攻でご注文いただきました。いつも本当にありがとうございます。では、次回(SRP003K1)待ってま~す!(笑)

Rp039z 失礼します、○○です。
時計(Ref.SRP039K1)、届いてます!
受け取り報告が遅くなり申し訳ありません。

さてさて、コレ、ほぼ非の打ちどころのない時計ですね。
僕好み(?)の大振りなケースに、そのアウトラインからはみ出すように肉厚化されたラグ、ラグから延びるダイナミックな造形の単駒ソリッド・ブレス。一瞥して読み取ることのできる外観上のポイントは、どれも素晴らしい特長を備えています。
最近増えてきたこの手のケースを僕は勝手に「木馬ケース」と呼んでいて(笑)、かなり気に入っています。ブレスは連結部の稼働域の大きいしなやかなタイプで、装着感も素晴らしいです。そしてケース及びブレスに施された黒いハード・コーティング(PVDでしょうか?)が、これらの美しい造形に精悍さを与えています。
サファイア・クリスタルの奥には凹凸模様の施された黒文字盤、その文字盤の周囲に配置された銀色のサークル、そのサークルに刻まれたアナログ・ディスクのような溝、銀色に輝くハンドとインデックス、どれも高級感溢れる意匠です。
裏蓋はRef.SRP011K1などと共通のシー・スルー。そこから見えるCal.4R16のローターには、これまたSRP011K1などと同様に波目模様と「SEIKO」ロゴが刻まれています。
以上のような特長だけでも称賛に値するものですが、何よりこの時計の特筆すべき点はワールド・タイム機能でしょう。オリエントなどからリリースされている自動内転リング式のものとは異なり、手動内転リング式の言わば「簡易ワールド・タイマー」ですが、この機能がセイコーの海外機械式モデルに付されたことを喜びたいと思います。
内転リング上とそのリング操作用リューズに配された美しい青が漆黒のボディーに映えて、独特の雰囲気を作り出しているのも美点です。 スポーティーさとエレガントさが同居しているようなデザインですが、この黒と青がスポーティーさをより強調しているように感じます。

実は購入に当たってこのモデルとRef.SRP003K1のどちらにしようか随分悩んだのですが、時計を受け取って、それが徒労であったことに気付かされました。
…そのうち、SRP003K1も逝きます(爆)

今回も素晴らしい時計をご紹介くださったこと、感謝します。
それから、「気持ち」&「スーパー・クロス」、いつも本当にありがとうございます。
またよろしくお願いします(^^;

| |

« そう言えばそのダイバーズのSRP043K1、今月追加入荷します! | トップページ | ダイバーズの通称ブラックモンスター(SKX779K) »

SEIKO スペシャルモデル(ダイバーズ以外で5盾マークのない物)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そう言えばそのダイバーズのSRP043K1、今月追加入荷します! | トップページ | ダイバーズの通称ブラックモンスター(SKX779K) »